読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アストロニア 惑星探査日誌

Gasoline's Astroneer Play Log

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01002 『周辺調査』

探査日誌 01002.1

荒涼とした惑星だが露天資源はかなりあり、それらをランドセルに内蔵された装置でツールに加工できることを学んだ。地表の植物(?)すら生体物資として蓄積できる。用途はまだ分からないが。

降下直後に確認した黄色く輝くのようなものに向かってみる。この惑星の重力は地球より多少低いようで、歩調はすこしふわっとしている。

f:id:debabocho:20170222162406p:plain

 

探査日誌 01002.2

物体は物質吸引機用のエネルギーの泉のような物だった。機能に反して人工物らしさは見て取れない。おそらく天然の機構なのだろう。問題はここまで来ると基地である着陸カプセルとの接続が切れ、内蔵酸素が減っていくことだ。バックパックで作成したテザーを伸ばせば接続は維持でき、探査範囲を広げられる。

本格的な探査の前に、基地の周囲の礫岩を取り除き、今後の遠征のためテザーで東西南北を示しておく事にした。方位は表示させることができるのだが、一見して分かりやすくしておいたほうがよいだろう。

f:id:debabocho:20170222164922p:plain

 

探査日誌 01002.3

基地周辺を動き回っていると遠くに積乱雲のようなものが見え、ほどなくダストストームに巻き込まれた。この惑星の大気は意外と濃密らしい。礫岩が飛んでくるぐらいの風圧だ。今後は気をつけたほうがいいだろう。しかしこの光景は、美しい。f:id:debabocho:20170222165201p:plain