読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アストロニア 惑星探査日誌

Gasoline's Astroneer Play Log

Astroneer / アストロニア 探査日誌 02001.7 『探査車』

探査日誌 02001.6

アルミニウムの精錬が可能になったことにより、これを材料にした新たなモジュール、ビークル・ベイの構築が実現した。これは造車装置と訳されている。クレーンの先に大型の3Dプリンターを備えたモジュールで、探査車(ローバー)及び小型宇宙艇(シャトル)の開発が可能だ。また、事前に発見していたテクノロジーにより、より大型の車両であるトラックの開発も可能になっている。

f:id:debabocho:20170410180348p:plain

 

探査日誌 02001.9

現時点で優先すべきは、惑星外への進出よりも惑星内の探査である。この惑星の基本的な性質に関する情報は、まだまだ少ない。

目標とする地底探査のため、ローバーの印刷を行う。

f:id:debabocho:20170410180223p:plain

 

探査日誌 02002.2

3D印刷により、ローバーの車体が完成した。上部に4つのスロットを備え、前後には大型スロットとベースへの接続ポートがある。別途印刷した操縦席を取り付けることで、運転が可能になる。

充電式の車両で、充電はこのポートかテザーを介して行うが、独立稼働を可能にするため、ソーラー発電機か風力発電機の装備も必要だろう。

f:id:debabocho:20170410181213p:plain

 

探査日誌 02002.4

ローバーの準備が完了し、試乗を行う。運転は単純で、トリガーを引けば加速し、離せば減速だ。ブレーキやクルーズ機能は見当たらない。また、接地性は劣悪で、少し大きな礫岩などで簡単にバウンドしてしまう。加速状態では車両横転のリスクがある。

エネルギー供給の問題もあるので、ローバーは行動範囲を広げるより、テザリング済の既知の遠地点への移動と物資輸送を容易にするためのものと考えるべきだろう。

つまり、洞窟入口へのアクセスと、地下で発見した物資の持ち帰りである。

f:id:debabocho:20170410182154p:plain