読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アストロニア 惑星探査日誌

Gasoline's Astroneer Play Log

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01011 『ソーラーパネル』

探査日誌 01011.1

橋の造成を開始する。ふたつの山の間は深い谷となっており、滑落は死を意味する。バックパックにパラシュートやロケットといった隠し機能があれば別だが、残念ながらその可能性は低そうだ。f:id:debabocho:20170306125223p:plain

 

探査日誌 01011.2

慎重に、直線となるよう造成を進める。橋の勾配が足りなかったようで、山頂ではなく、ちょうどソーラーパネルの根本に到達しそうだ。巨大なパネルに加えトラス構造も見える。墜落した低軌道ステーションの残骸だろうか。

f:id:debabocho:20170306124922p:plain

 

探査日誌 01011.3

向こう側の山に到達。地形に名称を与えておくべきだったと思う。位置関係の把握に役立つだろう。

ソーラーパネルは接近すると、意外と小さく感じられる。地球とは惑星の大きさも大気濃度も異なるため、遠近感がつかめないのだ。トラスの基部には、オレンジ色のドッキングポートが確認できる。基地ユニットにあるものと同型だ。ユニバーサル規格なのだろう。十分なエネルギーが確保できれば、ここにも何かユニットを接続できるかもしれない。

f:id:debabocho:20170306125647p:plain

 

探査日誌 01011.4

再び想定外の事態に直面している。ソーラーパネルの裏側にあたる山腹に平坦な空間があり、既知の植物と、活動状態にある未知の生物が発見されたのだ。

生物はオレンジの球根型で、頭頂部に空いた穴から緑色のガスを噴出している。以前別の洞窟の入口で遭遇した生物が爆散時に放出したものと同種かと思われるが、こちらは継続的な噴出である。ガスの拡散も考えられる。対応が必要だ。

f:id:debabocho:20170306131547p:plain

 

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01010 『登山』

探査日誌 01010.1

北西の方角にある山に登頂を試みる。前回予備探査した山と目標を変えたのは、こちらのほうが山の形状が単純に見えたからだ。

バックパックにも基地にも地図の作成機能はない。山頂からの光景を確認し、惑星の地理を少しでも把握することは、「頂を目指す」という哲学的な欲求以上に、現実的な意味を持つ。

近づくと山体はやはり急峻で、テザーを置きながら登ろうとしたが、途中で進めなくなった。やはり登山道の造成が必要だ。プランは決まった。登頂を開始する。

f:id:debabocho:20170302213813p:plain

 

探査日誌 01010.2

マシンの平面造成機能でゆるやかな上り坂を作り出し、山体に沿って伸ばしていく。感覚でしか分からないが、勾配は20%程度だろうか? 数値にしてみると急だが、あまりそう感じられない。

f:id:debabocho:20170302214806p:plain

 

探査日誌 01010.3

斜面造成は単純だが根気の要る作業だ。ターゲットマーカーが敏感で、山道の延長部から離れた虚空をポイントしてしまうことが多い。また、曲面である山体に道を這わせようとすると、ある程度進んだら傾斜の向きを調整しなければならない。

山の中腹を超え、夜が明けた。周囲を見ると、すでに惑星の丸みが強く感じられる。惑星じたいが小さいこともあるが、坂が勾配急なため、意外と早く高度を得られるのだ。

惑星にある谷の構造が、ここからだとよく見える。また、新しい大型宇宙機の残骸も発見できた。しかしこの高さから足を踏み外せば、即死だろう。

f:id:debabocho:20170302221826p:plain

 

探査日誌 01010.4

八合目を超えたあたりで、すこし平らになった場所に着いた。この高さになると、山の表面に山道を這わせるのはますます面倒になる。むしろ上り坂のまっすぐなトンネルを掘り、反対側に抜けたら踊場を造成し、逆向きにまたトンネルを掘るという工法のほうが早いのではないだろうか? そう考え、トンネルを掘り始めた。

f:id:debabocho:20170302222634p:plain

 

探査日誌 01010.5

予期せぬ事態に直面した。山体の反対側に抜けると想定していたトンネルが、空洞に行き当たったのだ。

空洞の中は暗く何も分からない。空洞の底に光が届いている気配もなく、中に入れば、転落死する可能性が高い。穴を広げ下り坂を造成するなど、調査方法は考えられるが、現時点ではこの穴の調査は想定外だ。今回の目標は、山頂への到達である。

f:id:debabocho:20170302224148p:plain

 

探査日誌 01010.6

トンネルから撤退し、再度山体を囲むように山道の造成を始めると、向こう側の山に巨大な太陽発電パネルのようなものが突き刺さっているのが見えた。調査目標としては非常に魅力的である。

こちらの山と向こうの山は高さはほぼ等しいようだ。こちらの山頂に向けて取り巻くように山道を造成していくより、向こうの山頂に向けて真っすぐな上り坂の橋を造成するほうが容易と判断し、作戦を変更する。途中でパネルの調査もできるだろう。

f:id:debabocho:20170302225148p:plain

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01009 『シェルター』

探査日誌 01009.1

基地に帰投する。巨大宇宙機で発見した座席モジュールは、車体が無ければ無用の長物だ。基地を拡張し、車両を製作する装置を作る必要がある。また野ざらしにしてきた各種物資も、ダストストームに吹き飛ばされないようにしなければならない。チタンのような貴重な物資は基地のソケットに直付けしておくが、量が必要となる資源は外で保存する方法を考える必要がある。

f:id:debabocho:20170224153640p:plain

 

探査日誌01009.2

基地拡張のため、周辺の土地を平らに均していく。平地でなくても拡張モジュールは設置できるのだが、起伏があり礫岩だらけの土地ではちょっとした移動も手間がかかる。なにより気分の問題だ。時間を忘れて作業に没頭する。

造成した平面は、惑星の曲率に沿っているのだろうか。延伸すればするほど、もとの地表との段差が増すようなので、真の平面なのではないだろうか?

だとすると、この作業を続けると正面の山体の上部に到達するスロープができることになるし、理論的にはこのまま大気圏外に出ることも可能だ。

ただ、この惑星(というかこの宇宙)の物理法則が、それを許すかどうかは分からない。どれほどの質量を支えなしに空中に固定できるのだろうか? 確かめるには、やってみるしかない。

もうひとつ。仮にこのマシンの平面化機能のみで惑星を造成するのなら、その究極の姿は、球状ではなく、サイコロ型の天体になるだろう。大雑把に考えれば、各面の中心で大気が最も濃く、そこから四方を眺めると45度の勾配の巨大なピラミッドが4つそびえ、その頂点では大気はゼロになっているはずだ。

f:id:debabocho:20170224153800p:plain

 

探査日誌01009.3

造成工事中、再びサンドストームに襲われた。急遽物資ごと自分の足元を掘削して、シェルターにする。良い策だと思ったのだが、嵐が去ってからハンドパワーで物質を出そうとすると、引っかかってうまく出せない。穴を埋め戻すと物資まで埋まってしまう。大失敗だ。

f:id:debabocho:20170224153901p:plain

 

探査日誌01009.4

資材シェルターとしてかまくらを作成した。土地を盛り上げ、ふだんストームが来る方向が背になるよう中をくり抜き、誤って貫通したら埋め戻す。マシンの繊細な使い方ができず、こんなものでも非常に苦労した。これでも礫片は入ってくるが、風は一応防げているようだ。いまは美的感覚より、実用性を優先させなければならない。

f:id:debabocho:20170224154106p:plain

 

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01008 『巨大宇宙機』

探査日誌 01008.1

宇宙機に接近、発掘にとりかかる。今まで発見した人工物にくらべ桁違いに大きいため、遠近感が狂う。

周囲にはいくつかの破片が埋まっており、トラスやソーラーパネルのようなものに交じって、回収可能なコンテナボックス型の不明人工物もあった。現状で回収できない破片も、いつか回収・再利用できるようになるのだろうか?

f:id:debabocho:20170224151310p:plain

 

探査日誌 01008.2

昼夜を通して掘削作業を続けるが、まだ宇宙機の全体が見えてこない。機体周囲を掘るだけでは全体が観察できず、また接近して観察するためにもなだらかなスロープが必要なため、掘削範囲とその体積は非常に大きいものになる。機体上部に姿勢制御スラスターが見える。

f:id:debabocho:20170224151539p:plain

 

探査日誌 01008.3

ほぼ全容が確認できた。機体の天辺はフラットな形状。円筒型カーゴモジュールに推進器をつけただけの実用本位なデザインに見える。あるいは前半部分は墜落でひしゃげたのかもしれない。カーゴは半分がぱっくりと割れていたが、中央の主柱は健在のようだ。柱に沿って多数の物資が確認できた。

f:id:debabocho:20170224151836p:plain

 

探査日誌01008.4

カーゴからはチタンなど貴重な物資が8つほど見つかった。また、なぜかビークルの運転モジュールも見つかった。

ところがこのタイミングで、突如サンドストームに襲われた。慌てて宇宙機の下に退避したが、地表に置いてきた小型物資は全て吹き飛ばされていた。これは痛恨のミスだ。残されたのは周辺で発掘された大型の不明コンテナと、運転席モジュールのみ。残念だ。

f:id:debabocho:20170224153047p:plain

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01007 『ブリッジ』

探査日誌 01007.1

基地東方に巨大なカボチャ状の物体を発見。途中に大きな谷があり、落ちると脱出が難しそうなため橋を造成する。掘削マシンの機能を切り替えれば土を吹き付けたり均したりできることは知っていたが、マニュアルを誤読しており操作方法に気付くまで時間がかかった。

谷の終端部のほうに遠回りすることもできるし、もちろん一度落ちてから足元の土を盛り上げ脱出することもできる。ただそちらのほうが面倒だし、今後の往復を考えると橋の構築が合理的だ。大規模造成の実地訓練にもなる。

f:id:debabocho:20170224143630p:plain

 

探査日誌 01007.2

崖の端の、なるべく向こう側の地面と平行になっている部分にターゲットマーカーを合わせ、そこから土地を延伸させていく。慎重な作業が求められる。

それでも多少上り勾配になっていたようで、橋の終端向こう側の地面とは身長1つ分程度の差がついてしまった。ここから橋を少し掘削し、下りのスロープを作る。ここが一番の難所となった。

f:id:debabocho:20170224143931p:plain

 

探査日誌 10007.2

近づいてみれば物体はそれほど大きくなく、今までと同じ地下に球根を抱えた異星生物だった。一方、ここまで来て地平線上に更に巨大な影を発見した。直線と鋭角が見て取れ、人工物である可能性が高い。

f:id:debabocho:20170224145545p:plain

 

探査日誌 10007.3

日が昇り、細部が見えてきた。これは大物だ! 上部の大きな逆釣鐘型の構造は、化学ロケットか何らかの反動推進機関のようだ。墜落し逆さまに埋まった宇宙船か。地表付近で赤い光の明滅が見える。システムが生きているのかもしれない。詳細な調査が必要だ。

f:id:debabocho:20170224145714p:plain

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01006 『死体』

探査日誌 01006.1

基地の北側にある山地の探査に向かう。紫の朝もやに霞む峰は神々しくも感じられ、早く近づきたい、できることならその白い頂にたどり着きたいという想いは、着陸当初からあった。一度はその方向にテザーを伸ばしていったが、途中で資源が切れ断念していた。

今回改めて接近すると山体は切り立っており、また中腹に巨大な空洞がある複雑な地形であることが分かってきた。惑星の大きさが把握できていないため地平線までの距離感が掴めず、山には意外と早く到達した。麓から見ると、山はほぼ絶壁だ。

f:id:debabocho:20170224135610p:plain

 

探査日誌 01006.2

手持ちのテザーが少ないため登山は断念し、山の基部に発見した別の大空洞に入った。入り口と考えていた部分は、実際は山塊がアーチ状になったもので、そこをくぐると再び空が見える。

すでに夜になっており、ソーラー発電ユニットも効かない。障害となる土砂を除去しながら奥まで進入するとエネルギーはすぐに切れ、スーツ備え付けのサーチライトも消えてしまう。光源であるテザーの範囲を出ると、周囲は真っ暗になってしまう。星の帯も、方角が悪くそれも見えない。重なり合う闇に、山頂の雪が薄っすらと見えるだけだ。

f:id:debabocho:20170224140002p:plain

 

探査日誌 01006.3

アーチを超えた中庭の奥には、本格的な長い空洞があった。すでにテザーは尽きているので、様子見的に、少しだけ入ってみることにした。洞窟の奥から来るのだろうか、低い風音が反響している。

その入り口付近で、黄色い小型の生物種を発見。小型とはいえ身長の倍程度だ。ショウガの根のようなゆがんだ形状で、大きな赤い斑がいくつかある。警告色だろうか? 異質な生命であることには間違いない。

念のため少し離れて根元を掘削すると、爆発しガスを出した。初めてのタイプだ。ガスクロマトグラファーなどありもせず、緑色のガスの成分は分からない。致死性かどうかを確かめるには、実際に浴びてみるしかないだろう。

爆散した跡には、球根と、別のものが埋まっていた。

f:id:debabocho:20170224140300p:plain

 

探査日誌 01006.4

出土した小さく白い物体はハンドパワーで持ち上げることができなかったため、接近して観測する。死体だった。過去の自分がここで死んだ記憶はないし、スーツの色が異なる。別の探査員だ!

死体のバックパックから、水タンクと、製造方法を知らないダイナマイトを回収した。死体は放置し、基地に戻る。どこかに生きた探査員もいるのだろうか? 

f:id:debabocho:20170224142736p:plain

Astroneer / アストロニア 探査日誌 01005 『球根』

探査日誌 01005.1

西方向にテザーを伸ばし地表探査を続ける。遠地点に傾いた塔のような物体が見えていたが、近づいてみると人工物ではなく、有機物であることが分かった。植物とも動物とも知れないし、危険性も判断できない。ただできることは、マシンで根元を掘ることだ。

f:id:debabocho:20170222185811p:plain

 

探査日誌 01005.2

大型塔状生物の周囲を掘削する。予想に反して深い根は見られなかった。しかしその根元に「未知」と示される球根のような物体が見つかった。形状としては生物というより岩石に近いので、むしろこの生物の成長基盤になのかもしれない。基地の拡張モジュールに「研究」モジュールがあったが、それで調査できるだろう。

f:id:debabocho:20170222185836p:plain

 

探査日誌 01005.3

巨大な球根はハンドパワー(便宜上そう呼んでいる)で浮かせて持って帰ることができる。ただ歩調が非常に緩慢になるので、基地への帰還に時間を要した。途中、夕焼けを見る。惑星の大きさが地球より小さく、比例して大気の厚さもないためか、恒星の光を侵すほどの波長の変化はない。だが、周囲の空は赤身を帯びたすみれ色に変わっていく。ここではたと気づいた。この惑星では太陽は西から出て東に沈む。

f:id:debabocho:20170222185902p:plain